なにわ亭ハートフル落語

2017.09.30 15:49:56

9月7日(木)、6年生のみなさんに出前寄席を体験してもらいました。

上方伝統芸能、伝統話芸に触れることにより日本語の面白さや笑いの妙を学び、コミュニケーション力を体得できるようにという大阪教弘の教育文化事業です。

落語家の桂文華(かつらぶんか)さんが初めて落語を鑑賞する子どもたちへ「落語入門」として分かりやすく落語を解説してくれました。その後、高座(舞台)に上がって小噺を披露する落語体験と三味線のはやしや絹代(きぬよ)さんによる落語会で使う楽器や演奏している音楽についての解説がありました。最後は林家染左(はやしやそめざ)さんに古典落語を一席実演していただきました。

子どもたちは目の前で生の落語や三味線を聴き、給食の時間にはそのネタを話して楽しんでいました。